ホスピノール 口コミ

湘南美容外科 ホスピノールを実際に試してみました

 

ホスピノール

 

お酒を飲んだ翌朝は、顔がむくんでパンパン。

 

飲み会が続くと、ニキビや肌荒れなどお肌の状態もひどい有様です。

 

女性の場合、お酒を飲むと二日酔いばかりでなく、美容面でのダメージが大きいのも悩ましいところ。

 

思いっきり飲みたいけど、明日のことも考えて今日は控え目にしとこうかな……とためらってしまいます。

 

そんな時に、女子会で友達からもらってスゴク良かったのが「ホスピノール」というサプリ。

 

なんでも、二日酔い・悪酔い対策だけでなく、美容成分も配合されているのだとか。

 

あの湘南美容外科が共同開発したサプリということで、期待も高まります。

 

 

ホスピノール

 

さっそく、web限定で販売されているホスピノールお試しパックを注文。

 

1回分ずつ小分けのパウチに入っているので、化粧ポーチやカバンの中に常備できてとても便利。

 

急なお誘いにも慌てずに済みます。

 

 

ホスピノール

 

ホスピノールの主な成分はポリコサノール・酵母・酵素など。

 

「あれ?お酒と言えばウコンじゃないの?」とちょっと意外な気もします。

 

ウコンの場合は、ウコンに含まれるクルクミンと呼ばれる成分が肝臓の解毒作用を高めてくれるんだそうです。

 

その一方で、ポリコサノールは二日酔いの原因であるアセトアルデヒトを直接分解してくれるのだとか。

 

さらに、ホスピノールに含まれる酵母エキスはウコンの2倍のパワーがあるとのこと。

 

肝臓の働きをサポートするという二次的な作用ではなく、直接アルコールの毒素を分解してくれるところが頼もしいですね。

 

また、お酒の席でつい、お箸が進んでしまうのが揚げ物や濃い味付けのお酒のあて。

 

私は、ダメだと思いつつも、お酒を飲んだ後のラーメンが止められません。

 

美容やダイエットに良くないと分かっていても、スープまで全部飲みほしてしまいます。

 

ホスピノールが嬉しいのはきちんとダイエットや美容のことまで考えられていること。

 

ポリコサノールにはアセトアルデヒドを分解するだけでなく、中性脂肪を低減させる働きがあるそうです。

 

ダイエットが気になる女性はもちろん、メタボ気味の男性にも嬉しい成分。

 

さらに、ホスピノールには炭水化物やタンパク質を分解してくれる酵素が配合されているとのこと。

 

これなら、シメのラーメンまでしっかり食べてしまっても罪悪感に苛まれることもありませんね。

 

 

ホスピノール

 

ホスピノールの1回の摂取目安量は3粒。

 

市販の頭痛薬程度の小粒の錠剤なので、3粒まとめてスルンと飲むことができます。

 

特にいつ飲めば良いというタイミングは決まっていないみたい。

 

ですが、やはりお酒を飲む前後がベストではないかと思います。

 

今までは、市販のウコンドリンクをお酒を飲む前に飲んでいました。

 

でも、ドリンクって後味が残るし、けっこうお腹に溜まります。

 

ホスピノールなら、お酒の邪魔をしないので、最初の1杯から美味しくお酒が飲めるのが良いですね。

 

 

ホスピノール

 

私はホスピノールをお酒を飲む前に1錠、飲んだ後に2錠と分けて服用しています。

 

お酒を飲む前に1錠服用しておくことで、悪酔いすることなくお酒を美味しく飲むことができるんです。

 

そして、二日酔い対策に、お酒の後にも2錠。

 

すると、「あれ?昨日私お酒飲んだよね?」というくらい翌朝スッキリ。

 

私は当初、お酒を飲む時だけホスピノールを飲んでいたんです。

 

しかし、友人から「お酒を飲む時以外にも飲み続けていると体がスッキリするよ」と教えてもらいました。

 

そこで、お酒を飲まない日は、夕食後に3粒継続して飲むようにしたところ、確かに身体が軽い。

 

今までは、朝は食欲がなくてあまり食べることができなかったんです。

 

それが、ホスピノールを飲みだしてから、朝から空腹を感じてしっかりと食べることができます。

 

酵素や酵母のチカラで、夜のうちにしっかりと胃腸がリセットされているのでしょうか。

 

東洋医学では胃腸の不調は万病の元と考えられているそうですが、なるほど納得。

 

胃腸が軽いだけで、こんなにも身体がラクなんだ、と感動しています。

 

ホスピノールは定期便だとお得に購入できるようなので、次回は定期便で申し込んでみようかな、と考えています。

 

 

ホスピノール

 

⇒⇒⇒ 湘南美容外科 ホスピノールを試してみる【ネット通販限定特典あり】